「2人に一人はガンに罹る」とフランスでのショックキャンペーン - ドイツ語新聞記事翻訳2007年版


カスタム検索









新着記事一覧

「2人に一人はガンに罹る」とフランスでのショックキャンペーン

ガンは自分で治せる―ガンで死ぬ人、ガンが治る人の違いを医学部教授が解明!

フランスのキューリー研究所がガンに対する衝撃キャンペーンを開始した。フランス人はガンの定期健診に(率先して)行くことを(今こそ)確信しなければならないだろう。

ショック療法的なキャンペーンを通じてこのフランスの研究所はガン検診の必要性とガンについての研究の意義を人々に知らせたいとしている。「一生涯に2人に一人はガンに罹るのです」とこのメッセージは土曜日からバスの中、映画館の中、そして報道機関に広められることになっている。
"Jeder zweite erkrankt an Krebs"
21. Okt http://www.netzeitung.de/spezial/gesundheit/785232.html
Das französische Curie-Institut hat eine Schock-Kampagne gegen Krebs gestartet. Franzosen sollen davon überzeugt werden, regelmäßig zur Vorsorge zu gehen.

Mit einer drastischen Kampagne will das französische
Forschungsinstitut Curie auf die Notwendigkeit der Krebsvorsorge
und die Bedeutung der Krebsforschung aufmerksam machen. "Jeder
zweite wird im Lauf seines Leben an Krebs erkranken" lautet
die Botschaft, die von Samstag an in Bussen, Kinos und Medien
verbreitet werden soll.



「統計数字はショッキングなものです、でもそれが事実ですから致し方ありません」とキューリー研究所の所長であるクロード・フリエ氏は語った。今日ではガンに罹ったとしても2人に一人は治る可能性はあるが、それにしても余りにも少なすぎます」と強調する。定期的にガン検診を受けて健康な生活が送れるようにとマスメディアに訴えた。
"Die Zahlen sind schockierend, aber sie entsprechen leider der Realität", sagte der Direktor des Instituts Claude Huriet. Heute könnte zwar jede zweite Krebserkrankung geheilt werden, aber das sei viel zu wenig, betonte er. Er appellierte an die Öffentlichkeit, sich durch regelmäßige Vorsorge und gesundes Leben gegen Krebs zu schützen.


フランスでは公式に発表されている情報によると約80万人の人がガンに罹ったままで生きている。1980年から2000年までにガンに罹った人の数が60パーセント以上も上昇した。
In Frankreich leben nach offiziellen Angaben derzeit etwa 800.000 Menschen mit Krebs. Zwischen 1980 und 2000 ist die Zahl der Krebserkrankungen um mehr als 60 Prozent gestiegen. (dpa)


        *   *

 eine Schock-Kampagne gegen Krebs
    
 Schock-Kampagneという文字を見ると先日のイタリアの写真家、Magersucht のことを思い出しませんか。わたしは思い出しますよ(笑)。


          *   *

さて、フランスでのショック・キャンペーンのショックとは何がショック何でしょう? 

ショックが分からずショックのフランス人が続出!? かも。

2人に一人の割合でガンに罹るフランス人のことをこの記事は伝えているのでしょうか、それともフランス人だけにあてはまる事ではありませんからね、とこのドイツ語記事を読まれる方にもそっとショックを与えようとしているのでしょうか。ショックを与えてどうしようというのでしょうか!?

「あなたはガンです」と個人的に医者から言われたら、告知されたら、それはショックでしょう。

そうしたショックを避けるために、大々的にフランスはパリ全域?に
渡ってまずは軽い? ショック療法というわけでしょうか。

自分が生きてゆく上で大きな健康問題が起こりますよ、と知らしめる。
多少のショックを受けなければ行動に移れないのが、人間の悲しい? 
性(さが)なのかもしれません。

手遅れにならない前にどうぞ! と親切にも呼びかけているのが有難いのではないでしょうか

        *   *

フランスからの記事だから、読んでいる自分には関係ないや、とあなたは思いますか、感じますか。


Category 健康でいる

ドイツ語新聞記事翻訳2007年版の「2人に一人はガンに罹る」とフランスでのショックキャンペーンのリンクについて

ドイツ語新聞記事翻訳2007年版の「2人に一人はガンに罹る」とフランスでのショックキャンペーンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
Copyright © ドイツ語新聞記事翻訳2007年版 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。