疲労は水分不足から - ドイツ語新聞記事翻訳2007年版


カスタム検索









新着記事一覧

疲労は水分不足から

ミネラルウオーター

頭痛とか疲れるとか、それは体内に水分が不足していることの兆候でも有り得る。だから喉が渇く前に何かを飲むべきであろう。何も暑い日だけに飲むとは限らない。一日当たり最低でも1〜2リットル飲むことが必要であるとドイツ技術者健康保険がコメントしている。
Müdigkeit durch Flüssigkeitsmangel
31.10.2007 http://www.nachrichten.at/gesundheit/608920
Kopfschmerzen und Erschöpfung können auch ein Zeichen dafür sein,
dass dem Körper Flüssigkeit fehlt. Getrunken werden sollte deshalb, bevor der Durst kommt - und zwar nicht nur an heißen Tagen. Ein bis zwei Liter pro Tag sind das Minimum, erläutert die deutsche Techniker Krankenkasse.

体力の低下は水分の消耗2パーセントから既に感じられる。それでも何らの水分補給がないとなると、今度は体内では水分の”節約”を開始する。つまり血液循環は悪くなると同時に脈拍は増加する。水分不足が4パーセントなると頭痛になったり筋肉疲労が起こる。5パーセントでは意識朦朧となったり痙攣が起こる。
Die Leistungsfähigkeit des Körpers verringert sich bereits ab einem Wasserverlust von zwei Prozent spürbar. Wird dann nichts getrunken, beginnt der Körper Wasser zu "sparen". Die Durchblutung wird reduziert, gleichzeitig steigert sich die Herzfrequenz.

Bei vier Prozent Wasserverlust kommt es zu Kopfschmerzen und Muskelermüdung. Bei fünf Prozent treten Bewusstseinseintrübungen und Krämpfe ein.(APA,dpa)




*    *

夏の暑い日に汗を掻いたとき、喉が渇いたときに水分を取るのが一つの
習慣のようになっていましたから、汗を掻かない今の季節、秋から冬にはほとんど水分(純粋に”水”を飲むということ)を取ることについて意識は行きませんでした。

時々頭痛に襲われることもありますが、それは部屋を閉め切ったままの中で長時間仕事をしたりして酸素不足になっているからだ、と思い至り窓を開け放して空気の入れ替えをする。冬の寒い季節には窓を開けてまで冷たい空気に敢えて触れたいとは思いませんが、それも一時的には必要なのでしょう。ヨーロッパの冬は本当に寒い。凍えるかのように寒い。

まあ、頭痛の原因はいろいろと考えられるのでしょうけれども、水分不足故だというドイツ語記事を読んで、Aha-Erlebnis (ああ、そういうことなのか!)を得た次第です。 

「喉が渇いたら飲む」という考え方は緊急に変える必要があるのですね。





Category 健康でいる

ドイツ語新聞記事翻訳2007年版の疲労は水分不足からのリンクについて

ドイツ語新聞記事翻訳2007年版の疲労は水分不足からのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
Copyright © ドイツ語新聞記事翻訳2007年版 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
Designed by カエテンクロスSEOテンプレート
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。